うつ・自律神経失調症の方へ「もうダメだ!」と動けなくなる前に整体で元気復活


ホーム  >  症状別対処法  >  ドライマウス原因

ドライマウスの原因

1つだけではない、ドライマウスの原因

~ 2011年 田島レポート「ドライマウス」vol.2 ~


 ドライマウスの原因についてのレポートです。

ドライマウスの原因

 ドライマウスになる原因は、一つではありません。いくつかの要因が重なって起こる事が多いのですが、主に8つの原因が在るとされています。


  1. 糖尿病

  2. 放射線治療

  3. 脳血管障害の麻痺

  4. 老化

  5. 薬の副作用

  6. うつ、自律神経失調症

  7. 咬む筋力の低下

  8. シェーグレン症候群


  1. 糖尿病

     日本人の糖尿病になる原因は、過食や運動不足による生活習慣によるものと言われています。糖尿病になると口や喉が乾きやすくなりドライマウスの原因となります。その原因は、体内の浸透圧が関係していて、糖を含んだ尿が排出され、浸透圧の作用で尿が大量にでるため、身体の水分が減り脱水症状になるため口の中も乾きやすくなりドライマウスの原因となるのです。


     他に腎不全で腎臓の機能が働かないため、尿が出ないため水分を、取る量が制限され口の中が乾き、ドライマウスの原因になる事もあります。

  2. 放射線治療

     口腔内や顔面のガンの治療で、放射線を受けた場合にドライマウスの原因となることがあります。放射線により唾液腺が破壊されたり、障害を受けたためにドライマウスが起こるのです。

  3. 脳血管障害の麻痺

     脳血管障害は、脳卒中と同じ。脳卒中は、身体が麻痺状態になる事があり、口腔も麻痺するので噛めなくなり唾液の分泌量が減少するため、ドライマウスの原因になる事があります。

  4. 老化

     高齢者の場合は、糖尿病や薬の副作用と老化だけでは、なく他の要因の影響でドライマウスの原因になりやすいですが、年を取る事により体内の水分量が減るために、引き起こされる事がおおいです。高齢になるとシワが増えるのは水分量の低下が原因です。

  5. 薬の副作用

     抗うつ薬、抗不安薬、向精神薬、抗パーキンソン薬、抗高血圧薬、抗ヒスタミン薬、利尿薬、抗コリン作用薬、抗けいれん剤、鎮痛剤、気管支拡張薬。この様に、ドライマウスの原因を引き起こす薬剤は沢山あります。薬は、脳の神経やホルモン物質を鈍化・麻痺させたりするため、唾液の分泌が働きづらくなるため、ドライマウスを引き起こします。

  6. うつ、自律神経失調症

     自律神経は、内臓の動きや体温・血圧・ホルモン・免疫など、身体に重要なものを調節しています。そこをコントロールしているのは、脳幹の視床下部です。大きさは親指の先端ぐらいで重さ10g、左右2個あります。


     身体の恒常性(ホメオスタシス)を維持するための司令塔で、脳下垂体からの分泌されるホルモンの調整もしています。

    自律神経を乱す、ストレスの種類

     自律神経を乱す原因は、ストレスとはすでにお伝えしていますがストレスを具体的にすると以下のものに分けられます。


    • 構造的ストレス...骨盤や背骨の歪み、凝りや痛みなど。

    • 化学的ストレス...煙草、車の排気ガス、偏った食事など。

    • 温度や湿度のストレス...寒すぎる暑すぎる、湿気が強い、乾燥しているなど。

    • 精神的ストレス...人間関係トラブルなど。


     これらのストレスが一時的なものでしたら自律神経が乱れることは少ないのです。しかしストレスを強く受けていると視床下部で交感神経が働き身体が緊張状態になり血管を収縮させます。これが慢性的に続くことにより、脳内で血行障害が起きます。すると、視床下部に十分な栄養と酸素が来ないため、誤った判断をして更に交感神経を過剰に緊張させ副交感神経を働かなくします。


     最終的には心も体も休む事ができなくなる悪循環に陥ります。これが自律神経失調症です。そして悪化していくことでうつになっていきます。
    自律神経が乱れ唾液分泌が上手く行われないため口が乾き、ドライマウスの状態になるのです。


     ※ストレスの度合いをチェックしたい場合は「ストレスチェック」のページが便利ですのでご活用ください。

  7. 咬む筋力の低下

     現代人は噛む回数が極端に減っておりドライマウスになりやすい傾向にあります。日本人の噛む回数は、戦前は1400回位だったのが現在は600回位に減っているようです。原因は、忙しく食事に時間をかけていられないのと、ジャンクフードを代表とした食べやすく柔らかい食べ物が、支流になった為だと言われています。


     固い食べ物や噛む回数が減って、咀嚼筋などがお捉えたり唾液の分泌が減ったりしたため口の中が乾きやすくなりドライマウスの原因になるのです。他にも顎の発達にも影響して永久歯が生えてこなかったり、顎関節症になりやすくなり、早く食べる事により、満腹中枢が刺激されず、食べ過ぎてしまい肥満にもなりやすいです。

  8. シェーグレン症候群

     シェーグレン症候群とは自己免疫疾患のひとつです。目の乾きと唾液の分泌低下が主な症状です。推測で日本では、50万人の患者さんがいると言われています。
    シェーグレン症候群の原因もストレスです。自己免疫疾患とは、身体に侵入してきた異物を攻撃する免疫システムが機能しなくなる病気で、自分自身の組織を敵と見なし攻撃してしまうのです。


     ドライマウスは、唾液腺を自分のリンパ球が攻撃してしまうために起こります。 他にも、外分泌腺の涙腺や鼻腔、消化器におよび胃液の分泌液低下により胃炎などがおこり、分泌液低下以外にも全身の倦怠感、発熱、指のしびれなどの抹消神経障害や関節リウマチの人もいるようです。


 ※以上、ドライマウスの原因についてお話していきました。次の「ドライマウスの治療法」のページで、症状を改善させるための治療法や、対処法についてお伝えしていきます。


こんなページも読まれています


うつ・自律神経に詳しい整体院のブログ

自律神経を活性化させる基本的なこと



当院は、頑張るあなたを応援しています。
だから、も整体を受けられます。
月・木・土 9:00 ~ 19:45
火・金 9:00 ~ 16:45 ※水曜定休
9:00 ~ 19:00 ※お昼休み 12:00 ~ 13:35  ※水曜定休

ご予約はこちらから...
0466-33-3299

ご予約はこちらから...
0466-33-3299

*

関連ページ


 ドライマウスの原因についてお伝えしました。毎日がんばっているあなたに、健療施術院からのメッセージがありますので引き続き下記のページをご確認ください。


*


藤沢で20年以上の実績がある整体「健療施術院」からあなたへ


*

* ページの先頭へ戻る

健療施術院(けんりょうせじゅついん)は、整体療法専門家集団と言われる健療院グループの本院。
神奈川県藤沢市にて1992年からの実績がある。


グループ全体で整体術はもちろんのこと、解剖学・生理学・姿勢分類学・東洋医学・心理学・栄養学・カウンセリング技法など症状に関わる全てのことを日々研究・勉強している。

健療施術院主催のうつ・自律神経の研究会には、神奈川県内からだけでなく、大阪・奈良・仙台・栃木・茨木・埼玉・東京・千葉・高知・新潟・富山・滋賀からも多くの先生が集まっている。

うつ・自律神経などの対処法を院内研修で常に行っている。

あなたの代役は一人もいません!
あなたが倒れたら、あなたの仕事・家事・子育ては誰がするのですか?
もうダメだと倒れる前に整体院ご来院下さい。


当整体院は、藤沢市・茅ヶ崎市・鎌倉市・平塚市・横浜市・逗子市・小田原市など首都圏から来る患者さんが多い整体院です。
自律神経失調症、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り、顎関節症、冷え性、不眠症、頭痛などの症状の方がお見えになります。

*

* ご予約:0466-33-3299

JR東海道線(辻堂駅)南口から徒歩3分
〒251-0043 神奈川県藤沢市辻堂元町1-2-6-1F
「健療施術院」
*


(C) 1996 健療施術院