ETC治療家戦略研究会の「第25回患者コミュニケーションセミナー2」です。

神奈川県藤沢市辻堂元町1-2-6  TEL 0466-33-2797 FAX 0466-33-3189

第25回 患者コミュニケーションセミナー2のお知らせ

このセミナーの募集は終了しました。 セミナー報告はこちらから

第25回 患者コミュニケーションセミナー2

このセミナーの募集は終了しました。 セミナー報告はこちらから

「リピートが増え仕事が楽しくなるコミュニケーションを実施中」
だから鈴木の治療院は...

2011年、鈴木の治療院の患者数は1年間で15,627人にでした。
1カ月平均すると1,302人です。もちろん全て自費診療であり、最低5250円、最高では12,600円の料金をいただいております。
2012年では、分院も一つ増えましたので、患者数は更に増えております。

なぜ、健療施術院は患者さんがこんなにも多いのでしょうか?

それは技術だけでなく患者さんとのコミュニケーションにも力を入れているからです。
健療施術院の母体である(有)エナジーポットの新入社員研修には、この患者コミュニケーションセミナーで行われている内容が多く含まれています。 もちろん、治療家だけでなく受付スタッフの研修にも含まれています。

その結果、健療施術院の5回リピート率は、最高54%を記録したことがあります。つまりこれは、新患さんが30人いたとすると、16.2人は5回もリピートするということです。 しかも受付スタッフと治療家スタッフ総勢で15名もいる治療院なのにです。(通常スタッフ数が増えるとリピート率は下がります)

うちのスタッフも心得ており、鈴木に質問をするときには治療技術の質問ばかりでなく「●●のような患者さんにはどのようにコミュニケーションを取ればいいのか?」というようなコミュニケーションに関する質問もよく聞いてきます。(それだけ患者さんとのコミュニケーションについては、鈴木が口を酸っぱくなるほど言っているのです) 新患さんを増やすには、チラシの作り方やホームページの作り方などの知識が必要ですが、患者さんのリピートを増やすにはにはコミュニケーションの能力が絶対に必要なのです。

では、なぜ患者さんのリピートにはコミュニケーション能力が必要なのでしょうか?

それは、世の中が不安定だからです。政治は混迷に入り、経済は低迷したまま。消費税が上がっても年金はもらえるかどうかわからない。それなのに毎月年金のお金を払わなければならない不安感。 こんな不安定な世の中なので、人々は不安定に敏感になり無意識に安心を求めるのです。 もちろん、人間関係も安心したものを求めます。自分の体に触れる人との人間関係となるとなおさらです。

「この人といると安心できる」

このように患者さんに思われるだけで自然とリピートは増えます。 逆にいくら腕が良くても不安を感じる人とは患者さんは出来るだけ会いたくないものです。患者さんは症状が出ていて弱っているのです。普通の人よりも更に不安を嫌がり安心を求めているのです。 ですから、現代はコミュニケーション能力が重要であり、患者さんを安心させられるコミュニケーションを身に付ける必要があるのです。 また、患者さんとのコミュニケーションを重視するのは、何もリピートを増やすためだけにあるのではありません。

あなたは患者さんと話をしていて「イライラ」することはありませんか?
その感情を抑えることに疲れを感じることはありませんか?

コミュニケーションの知識や能力が向上すると、このようなことが飛躍的に少なくなります。 そのため、無駄な疲れを感じることなく、いつも楽しく仕事が出来るようになります。

また、先ほどお伝えしたようにあなたのコミュニケーション能力が上がれば、患者さんも安心して治療を受けられるようになります。すると、患者さんの治りが早くなるのです。 鈴木の専門である自律神経的に言うと、安心感は副交感神経を刺激し体を治すのに適した状態にしてくれるのです。

参加者の様子
不安を安心に変えることでリピートが増えるのを実感した参加者たち

そのため、技術が低いと思う先生ほど、治療技術だけでなくコミュニケーション能力を伸ばすことを意識しなければならないのです。 もし、あなたにコミュニケーション能力が足りなければ、患者さんは「不安」を感じるようになり、交感神経が緊張してしまい治るのを妨げてしまうのです。

既にご存じの方がほとんどでしょうが、鈴木はうつ病や自律神経失調症の専門家として治療家向けのセミナーや出版、企業向けの講演などを行っています。そこには心理学の知識がかなり必要になります。この『患者コミュニケーションセミナー2』でも心理学の知識は存分に生かされており、実際に鈴木の治療院で毎日使われている具体的な心理臨床的コミュニケーション法をお伝えいたします。

最近では、コミュニケーションがうまくいかないばかりにクレームに発展し賠償金や慰謝料を払うはめになる場合もあります。そこまでいかなくとも大きなクレームになったりしてそれが夢にまで出てくるようになり、多大な精神的疲労を負うこともあります。 実際、鈴木は会員さんに対して何度もクレーム処理のお手伝いをいたしましたが、最初のコミュニケーションの方法が問題を大きくしてしまうことが全てでした。

それとは逆に、コミュニケーション能力を上げることは、患者さんの信頼を得られ、またリピートを増やすとともに、治療の結果を上げることになるのです。 今回のセミナーは、ETC代表鈴木が実際に使っているトーク技術を分かりやすく伝授いたします。

ETCのセミナーでは、毎回「ここまで教えていいの?」と思われるぐらい情報の公開をしておりますが、今回も鈴木の治療院で実践している内容をそのままお伝えいたします。

前回の患者コミュニケーションセミナーの参加者の声の一部

  • 今まで気づかなかったことを知ることができた良いセミナーでした。ナゼ?というクエスチョンに的確に答えていただけたと思います。(B.K先生)
  • トーキングセミナー1、2のDVDは見ていたのですが、実際に参加すると新しい気付きがたくさんありました。ワークがいっぱいあったので、実践的なセミナーだと思いました。大阪開催というのも助かりました。(T.H先生)
  • 今回のセミナーを受講し、コミュニケーションの重要性を再確認させていただきました。今回教えていただいたことをさっそく明日から実践し、無意識的有能性に出来るように活用していきたいと思います。ありがとうございました。(T.S先生)
  • 自分自身を見つめ直すきっかけになりました。明日から実践できる理論が多く、勉強になりました。スタッフにも今後このセミナーに参加させます。(内林 誠先生)
  • 正直、今回のセミナーは、今までのトーキングセミナーとかなりの部分で内容が重複するのではないかと思っていたのですが、新たな気付きも得られた上に、コミュニケーションに必要な全てをカリブレーションできたことが一番大きかったです。今できている事と、できていない事を改めて再確認することができました。後で、DVDを購入して自宅で勉強すればいいかと考えていましたが、ワークを通しての体験は今後に必ず活きそうです。大阪まで出てきた甲斐が十分にありました。(H.I先生)
  • たいへん勉強になりました。どうやってコミュニケーションを取っていくかが分かりやすく教えていただきました。無意識的有能性に落とし込めるようになりたいと思います。(A.H先生)
  • 現場での生のコミュニケーションスキルや対応例を聞くことができて、大変勉強になりました。(M.H先生)

あなたは以下のような患者さんにストレスなく対応できていますか?

  1. あなたをイライラさせる患者さん。不安でしょうがない患者さん
  2. 何回通えば治りますか? いつ治りますか? と質問する患者さん
  3. △■(症状)は治りますか? と質問する患者さん
  4. ケンカ腰の患者さん、つまらないことでクレームをつけてくる患者さん
  5. 治らないじゃないかといってくる患者さん
  6. 人の話を聞かない患者さん。何事も人のせいにする患者さん

今回のセミナーでは、これら対応が大変な患者さんを ストレスなく 対応出来るようになれる内容が含まれておりますが、他にも下記の内容も含まれております。

  • 患者さん自身から次回の予約を取って帰る魔法のセリフ(基礎です)。
  • 患者さんの心が手に取るように分かる方法。
  • あなたの嫌いな患者さんをギャフンと言わせるコミュニケーション法と、嫌いな患者さんでも好きになれるコミュニケーション法。(どちらを選ぶかはあなた次第。笑)
  • たとえ治らない患者さんに対してもあなたが罪悪感を持たなくなるコミュニケーション。
  • 話が長い患者さんがすぐに話を終わらせるコミュニケーション法

セミナーが終わる頃には、あなたはこうなれる!

  • リピートの患者さんが思った以上に増える。
  • この仕事をしていて「本当に良かった」と心から思える。
  • 自信を持って仕事ができ、楽に仕事ができる。
  • 治療後、患者さんと話していると「次の予約を取りたいのですが...」と患者さんから言われる。
  • 「あと何回来れば治りますか?」という質問に答えられる。
  • どんな患者さんでもあなたのファンになる。
  • 患者さんがあなたの言葉に涙を流して感謝するようになる。
  • 患者さんとの会話が心の底から楽しめるようになれる。

セミナーの進め方

  1. あなたの患者さんとのコミュニケーションの問題をお書き下さい。
    ※リピートが取れない。あの患者さんにはどのように話せばいいのか分からない。等
  2. コミュニケーションの基礎編を学びます。
  3. リピートを増やす話し方を学びます。
  4. コミュニケーションの実践編を学びます。
  5. 実践編の知識を実際に現場で使えるようにシュミレーションで練習をします。
  6. ここまで学んでも最初に書いた、あなたのコミュニケーションの問題が解決できない場合は、ご質問下さい。
    その場で鈴木が個別で対応法をアドバイスいたします。
  7. 最終的な質疑応答

前回の患者コミュニケーションセミナーの参加者さまへ

コミュニケーションを基礎からお伝えするため、今回のセミナーは前回の患者コミュニケーションセミナーと基礎部分は少々重複する内容があります(前半40分ぐらい)のでご了承ください。(もちろん、今回初公開のテクニックも多数あります。)

日程、開催地など

日時:2012年9月30日(日) 10:00~16:00
場所:きゅりあん
交通:JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線「大井町駅」徒歩1分
住所:東京都品川区東大井5-18-1 [地図]
参加費: 30,000円
懇親会:17:00から(費用別途5,000円)
定員:40名

下記フォームに入力してください。
セミナー参加(必須) 会員 25,000円 (ETC有料会員の方はこちらになります)
一般&紹介者 30,000円 (上記以外の方)
懇親会 参加費別途 5,000円 (懇親会に参加する場合はチェックを入れて下さい。)


複数人で参加する場合は備考欄に参加者のお名前等をご記入ください。
-->

セミナー参加費用のお支払い方法について

  • セミナー参加は先着順のため、お申し込み後に参加確定、もしくはキャンセル待ちをメールにてお知らせいたします。
    その際、参加が確定の方には、参加費のお振込口座番号も一緒にお伝えいたします。
  • 参加確定の方は、ETCからのお知らせ到着後、一週間以内にお振り込みをお願います。
    なお、9月25日(火)以降のお申込の方は、9月27日(木)までにお振り込みしていただくことになりますのでご了承ください。

» 無料メルマガ登録はこちらから

ETC治療家戦略研究会は携帯電話からでもご覧頂けます。

下記の先生が学んでいます。

  • 中国整体
  • 経絡治療
  • 鍼灸治療
  • マッサージ
  • 指圧
  • 柔道整復
  • カイロプラクティック
  • ガンステッド
  • ディバーシファイド
  • アプライドキネシオオロジー
  • ターグルリコイル
  • トムソンテクニック
  • ピアーズテクニック
  • SOT
  • オステオパシー
  • 横山式筋二点療法
  • 温熱療法
  • 血液循環療法
  • 構造医学
  • 指針整体
  • 整体
  • 気功療法
  • 波動療法
  • アロマテラピー
  • タッチフォーヘルス
  • APP療法
  • 自然形体療法
  • 各種セラピー
  • 各種心理療法

suzukinaotoをフォローしてください!


このページの先頭へ