ホーム  >  スタッフブログ  >  めまいの原因は…?

めまいの原因は…?

2018.08.31更新


NEW著書 うつは「体」から治せる! (Amazon)

 こんにちは、健療院グループの鈴木です。
うつ・自律神経失調症の症状に「めまい」がありますが、本日はこの「めまい」、特に病院で「異常がない」と言われる症状についてお伝えします。
(注意:めまいは脳の病気で起こることも多いので、必ず病院で検査を受けて下さい。)

 めまいを分かりやすくするために、ここではざっくりと、めまいを下記の3種類に分類します。


  1. 景色がぐるぐると回る「回転性のめまい」
  2. 雲の上を歩いているようなフワフワする「動揺性のめまい」
  3. 脳が虚血状態になっているめまい

 では、これらを説明していきます。

  1. 回転性のめまい
     回転性のめまいで有名なのがメニエールです。
    メニエールは、平衡感覚をコントロールする内耳の部分にリンパ液が過剰に集まることにより、めまいが起こります。
    原因の一つに、自律神経の交感神経が過剰に働くというのがあります。

     交感神経が過剰に働くと、免疫機能が過剰になり「炎症」を起こしやすくなります。 炎症部分にはリンパ液が集まりやすくなりますので、内耳に炎症が起こると内耳にリンパ液が溜まり、めまいが起こるのです。

  2. 動揺性のめまい
     動揺性のめまいは、景色がグルグル回るというよりも、フワフワと揺れるようなめまいを感じます。
    全てではありませんが、小脳の働きが低下するとフワフワするめまいを感じます。
    もし小脳に何か病的な異常がなければ、小脳に十分に酸素が届いていないことが原因です。

  3. 脳が虚血状態になっているめまい
     このめまいは、小脳だけではなく脳全体の虚血状態になることで起こります。
    起立性調節障害や低血圧により、フラフラするようなめまいが起こります。
    あるいは手足に力が入りにくくなり、フラフラすることもあります。

 いずれのめまいも多くの原因は、脳に酸素が十分に届かないことで起こります。
つまり、これは血液が十分に流れていないということです。
もっと詳しく言うと、交感神経が過剰に働き血管が細くなることで起こっているのです。
つまり、3種類のいずれのめまいも交感神経が過剰に働くことが原因になるのです。

 健療院グループの施術も、ほとんどの手技は交感神経を鎮めて副交感神経を高めるようなことを行っております。

 現代のストレス社会では、「いかに交感神経を鎮めるか」が健康の秘訣の一つになるのですね。

 交感神経を鎮めるには、日々意識して大きな呼吸を続けることも重要です。 どうぞあなたもやってみて下さい。


こんなページも読まれています


うつ・自律神経失調症に詳しい整体院のブログ

自律神経を活性化させる基本的なこと


ブログ一覧


当院は、頑張るあなたを応援しています。
だから、も整体を受けられます。
月・木・土 9:00 ~ 19:45
9:00 ~ 16:45
9:00 ~ 18:15 ※水曜定休
9:00 ~ 19:00 ※お昼休み 12:00 ~ 13:35  ※水曜定休

ご予約はこちらから...
0466-33-3299

ご予約はこちらから...
0466-33-3299

*

関連ページ


 めまいの原因は…?をご紹介させていただきました。毎日がんばっているあなたに、当院からのメッセージがありますので 引き続き下記のページをご確認ください。


*


藤沢で20年以上の実績がある当院からあなたへ


*

* ページの先頭へ戻る

*

藤沢で20年以上の実績。健療施術院
〒251-0043 神奈川県藤沢市辻堂元町1-2-6-1F

当院は、頑張るあなたを応援しています。
だから、も整体を受けられます。
月・木・土 9:00 ~ 19:45
9:00 ~ 16:45 ※水曜定休
9:00 ~ 18:15
9:00 ~ 19:00 ※お昼休み 12:00 ~ 13:35  ※水曜定休

ご予約はこちらから...
0466-33-3299

ご予約はこちらから...
0466-33-3299


(C) 1996 健療施術院