うつ・自律神経失調症には、なぜ当院の整体なのか?

26年間・11万人の実績と信頼 
薬を使わない

うつ・自律神経失調症の原因はストレスです。

うつや自律神経失調症の原因は4つあります。

この4つの原因を一つずつ排除していく必要があります。

その4つの原因とは「4つのストレス」ともいいます。

詳しくは下記の表をご覧ください。

その4種類のストレスとは...

1. 精神的ストレス

人間関係・仕事・育児など、精神的に「嫌だなぁ」と思うストレス全て。うつや自律神経失調症の症状に対しての不安感・恐怖感・絶望感なども精神的ストレスに入ります。

2. 構造的ストレス

骨盤のゆがみ、背骨のゆがみ、姿勢のゆがみ、内臓の機能低下によるストレスのこと。肩コリや腰痛は分かりやすい症状ですが、そのままにしておくと、肩こりや腰痛でイライラするようになり、それが精神的ストレスにもなります。

3. 化学的ストレス

栄養の過不足、化学物質、添加物、たばこ、アルコール、紫外線、排気ガス、シンナー、など体内で化学変化を起こすストレスのこと

4. 温度・湿度のストレス

寒さや暑さ、また湿度の高すぎること、低すぎることのストレス

うつや自律神経失調症の原因であるストレスを、どう減らしていくか

うつや自律神経失調症を治していくには、このストレスの分類が不可欠となります。何故なら、うつや自律神経失調症の原因であるストレスを確実に減らしていくには、どんなストレスが、どれくらいあるのかを把握しなければならないのです。

あなたも自律神経失調症やうつは、ストレスが原因だということを知っていたと思います。しかしあなたは「ストレス=精神的ストレス」と勘違いしていませんでしたか? すると、あなた自身が行うストレス対策に、限りが出来てしまうのです。

例えば、精神的ストレスが少なく、構造的ストレスや化学的ストレスが多くて自律神経失調症やうつになっている場合に、一生懸命に精神的ストレスをなくそうとして、セラピーを受けて生き方を変えようとしても、それは全く無駄になってしまうのです。

この場合、原因の多くは精神的ストレスではなく、構造的ストレスや化学的ストレスなのですから、うつや自律神経失調症を治すには、構造的ストレスや化学的ストレスを減らさなくてはいけないのですね。

ストレスを積み重ねることで、うつや自律神経失調症の症状が出る

うつや自律神経失調症の原因であるストレスを、どう減らしていくか

人間は、この4種類のストレスを受けると、ストレスが脳の中に積み木のように積み上げられます。そして、ある程度積み上がると、自律神経失調症やうつの症状が出てくるのです。

どれくらい積み上がるとうつや自律神経失調症の症状が出るかは、個人差があります。仮に10積み上がると症状が出ると仮定しましょう。

そして例えば、今のあなたのストレス度合いは下記のような状態だとします。

あなたにはいつも足を組み、斜めに座る癖があるため、背骨や骨盤がゆがんでいるとします。すると構造的ストレスが発生します。この構造的ストレスのレベルが4ぐらいだとします。ココではあなたの脳は少しストレスを感じはしますが、まだ症状は出ていません。出ていたとしても肩コリや腰痛ぐらいです。

しかし、脳には確実にストレスとなって伝達されています。(ひどくなると肩コリでイライラするような症状が出てきます) また、あなたは偏った食事をしていたため、化学的ストレスが3ぐらい加わったとします。

そして、思った以上に寒い日が続き、温度のストレスが2ぐらい加わったとします。そうすると、全部のストレスレベルを合わせると9になります。

そこに、ささいな精神的ストレスが起こったとします。(例えば人間関係のトラブルなど)この時、精神的ストレスレベルがたとえ1でも、全部で10に達してしまうので、残念ながらあなたには色々な症状が出てきてしまいます。

たとえ精神的ストレスが1しか感じていなくとも、他のストレスが多くかかっていたので、自律神経が非常に狂いやすい状態だったのですね。


症状が出ると多くの人はあわてて対策をしようとしますが、「ストレス=精神的ストレス」と思っている限り、たとえ精神的ストレスをなくせたとしても、まだ9のストレスは積み上がっているままになります。

通常暮らしていれば、1ぐらいの精神的ストレスはありますので、あなたは何かちょっとした精神的ストレスがあるたびに、すぐにうつや自律神経失調症っぽくなってしまうのですね。 つまりこの場合のうつや自律神経失調症は、構造的ストレスと、化学的ストレスの対策をしなくてはならないのです。

当院での、各ストレス対処法

当院では、各ストレスにはこのように対処しています。

1. 精神的ストレス

うつや自律神経失調症に対しての不安感や恐怖感を取り除くために、当整体院では自律神経の仕組みを説明をいたします。冊子もご用意いたしております。

症状の原因や理由が分かれば、不安や恐怖感がなくなり、精神的ストレスはかなり激減します。また、体調が悪いと「悪いことを考えやすい」という脳の生理反応が人間にはあります。そのため、次の構造的ストレスを抗うつ、抗不安薬などを使わずに、整体で取ることも精神的ストレスを軽減させることにつながります。

2. 構造的ストレス

骨盤のゆがみ、背骨のゆがみを矯正するのはもちろんのこと、内臓の機能低下の改善のための内臓調整や、姿勢の指導・呼吸の仕方などを指導させていただきます。また、うつや自律神経失調症の方は、頭蓋骨が少しゆがんでいる場合がありますので、頭蓋骨の矯正も行います。

3. 化学的ストレス

うつや自律神経失調症の方が食べてはいけないものや、飲んではいけないものがあります。それらをご指導いたします。また、食べた方がいいものなどもご指導しております。更に、うつや自律神経失調症に効果がある光療法というものもあります。

4. 温度・湿度のストレス

寒さや暑さはなどはご自身で分かると思います。熱いのをがまんしたり、寒いのを我慢しないようにして下さい。また、お腹と手足を温めるようにして下さい。お腹と手足を温めることで、うつや自律神経失調症の症状が軽減することがあります。


当院の整体は、各ストレスをトータルで考えながら、あなたをサポートします。

当整体院ではこのように、うつや自律神経に対しての施術をトータルで考えております。うつや自律神経のための施術だけでなく、このように全てのストレスを軽減させる方法をご指導させていただいております。

うつや自律神経失調症は、薬を飲んだり、整体や心理療法だけを受けたりしていれば治るということではありません。生活を正しく改善をしなければ治りません。

ですから、うつや自律神経失調症を治していくには、私どもとあなたの共同作業となります。


よくある質問

どのくらいの期間、整体を受ければ良くなりますか?

その人の回復力、どれだけストレスを受けているのかによります。長く患っている方ほど、歪みが複雑になり、構造的ストレスが大きくなりますし、回復力も低下しています。

そのため最近症状が出た方より長くかかることが多いです。整体の頻度によっても回復のスピードは異なります。

※ご自身のストレス度合いをチェックしたい場合は、「ストレスチェック」のページをご覧ください。


何回通えば治りますか?

個人差、症状により異なります。体の変化としては3ヶ月後ぐらいに出てくるでしょう。


 その他のよくある質問

* ページの先頭へ戻る


〒251-0043 神奈川県藤沢市辻堂元町1-2-6-1F

当院は、頑張るあなたを応援しています。
だから、も整体を受けられます。
月・木・土 9:00 ~ 19:45
火・金 9:00 ~ 18:15 ※水曜定休
9:00 ~ 19:00 ※お昼休み 12:15 ~ 13:35  ※水曜定休

ご予約はこちらから...
0466-33-3299

ご予約はこちらから...
0466-33-3299


(C) 1996 健療施術院