不安の原因と対策

更新日:2017.10.27

執 筆:整体師&カウンセラー 鈴木直人

今回は、「不安」をちょっと斜めからご説明しようと思います。

不安というと嫌なものと考えがちですが、不安がないとどうなるかを考えてみましょう。

例えば赤信号。
赤信号は『危険ですよ』という社会的なサインです。
そのため、赤信号はこの先に危ないことがあるかもしれませんとわざわざ不安を起こさせています。

そのため、赤信号なのに道路を渡ろうとするときは、必ずいつもより左右を注意深く確認するものです。

ここまで書くと分かっていただけたかと思いますが、実は不安というのは、自分の身を守るためにあります。
ですから、不安というのはなくなることはないのです。

「不安で不安でしかたがない」という方は、不安を全部なくしたいと考えてしまいがちですが、ある程度の不安は生きる上で必要不可欠なのです。


ここで、少し不安の作られ方をお伝えします。
例えば、あなたが可愛い野ネズミだったとします。

巣の中は危険がほとんどありませんが、おなかが空けば、エサを取りに外に行かなければなりません。
巣のそばにエサがあればいいのですが、なければ遠くまで餌を探しに行く必要があります。
それだけ危険が増えますから、不安が必要となります。

エサが近くにあるような環境、つまり、自分のとって心地の良い環境で育つと不安を感じる能力は低くなります。

逆にエサを遠くまで探さなきゃいけないような環境、つまり、自分にとって心地よくない環境で育つと不安を感じる能力が高くなります。

不安を感じる能力が高いということは、それだけ『色々な危機に対処できる』ということなのです。


日本は「平和ボケ」などと言われることもありますが、平和であればその環境でぬるく生きてきてしまうということが起きてしまうのです。

しかし、多くの不安で困っている方は『色々な危機に対処できる』と思うことはありません。
なぜなら、自分の能力に蓋をしている方がほとんどだからです。
どんなものに蓋をしているかというと、感情や体の動きに蓋をしているのです。

不安な方ほど体を動かしません。
それは以前、不安の隠れた2つの原因でお伝えした「興奮」を抑え込んでいることになるのです。

ちなみに興奮とは、怒り・哀しみ・喜び・恐れの感情のことを言います。


  • 激しく怒る
  • 激しく
  • 激しく喜んだり
  • 激しく恐れたり

これらを体や声を使って表現しないことは、自分の能力に蓋をしてしまっているのですね。

逆にこれらの感情を体や声を使って自分の外に出すことは、自分の能力を上げることになりますので、心身が強くなりストレスを払いのける力がついてくるのです。

不安を感じている方、少しずつでも良いので、感情を表に出していきませんか? 感情がうまく出せないという方は、体を動かすだけでも「興奮」させることはできますので、体だけでも動かすようにしましょう!


ブログ一覧


(C) 1996 健療施術院