ストレス

更新日:2014.07.01

あなたのタイプは?

自律神経の大敵はストレスですが、同じストレスでもそれを受けるあなたが、どちらのタイプかによって、体にあらわれる症状が違ってきます。

ストレスに対し... 立ち向かっていく、がんばりやさんタイプ

交感神経の緊張が極限に近くなると、不安感・切迫感・睡眠障害などの色々な症状があらわれます。体内の活性酸素も増えることにより、胃潰瘍などの体の粘膜が壊されていく症状も、あらわれる時があります。吹き出物、多汗などの皮膚症状も出る事もあります。

ストレスに対し... かかえ込む、ガマン屋さんタイプ

副交感神経が優位の状態になり、体を元気にするホルモンの分泌が少なくなります。それにより、うつっぽい症状やアトピー・花粉症といったアレルギー症状が強くあらわれる時があります。

ストレス対策

どちらかのタイプに当てはまっていたり、「自分はこのタイプだ」と思われている方は、今が休み時です。がんばらず・かかえ込まず・がまんせず、何も考えずに休んでくださいね。今はそうではなくとも、少し予感がしたら、ガス抜きが必要です。

※ストレス対策には、まず自分が今どんな種類のストレスを一番強く受けているのかを把握する必要もあります。「ストレスチェック」のページで確認してみてください。


ページの先頭に戻る

(C) 1996 健療施術院