胸の「もやもや」の正体は...?

更新日:2019.06.28

執 筆:整体師&カウンセラー 鈴木直人

胸が「もやもや」するときってありますよね。
今回はこれの正体をお伝えしていきます。

結論から言うと「もやもや」の正体は、「無意識では感じているが意識的には感じていない何か」です。

  • 無意識で感じているということは、「体」で感じているということです。
  • 意識では感じていないということは、頭では理解していないということです。

実は、頭よりも体の方がたくさんのことを感じています。
そのため、何でも頭だけで理解しようとすると、分からないことがたくさん出てきてしまいます。
現代人は頭が体よりも優先されているため、体が感じていることが頭で理解できないと「不安」になってしまいます。

そこで今回は、体で感じている「もやもや」を頭で理解する方法をお伝えしますので、「もやもや」がある方はやってみてください。


【もやもやの正体を知る方法】

  1. 体がもやもやを感じたら、それを十分に感じます。
  2. そのもやもやに色が付いているとしたら、何色かをなんとなく想像してみて下さい。
  3. もやもやの形を感じてみて下さい。
    丸いのか、四角いのか、不規則の形なのか…
    形を紙に書いても良いでしょう。色も塗ってみても良いでしょう。
  4. もやもやの重さを感じてください。 どれくらいの重さでしょうか。
    何キロ?何グラム?ペットボトルぐらいの重さ?
    あるいは重さがない?
  5. その形のその重さのもやもやの表面を触ったらどんな感じですか?
    ツルツル? ざらざら? でこぼこ? 
  6. それを叩いたらどんな音が出ますか?
    カンカン? ドンドン? ポコポコ? それとも叩けない?
  7. そのもやもやに、顔がついているとしたらどんな表情でしょうか。
    怒ってる? 悲しんでる? 無表情?
    その表情をみて、あなたは何を感じますか?

ここまでやって、あなたは何を感じましたか。

そのもやもやの表情は、あなたが奥底で持っている感情であることが多いですがどうでしょうか?
誰かに対しての感情だったり、自分自身に対しての感情だったり…。

そして、感情はエネルギーを持ち筋肉を緊張させます。
その緊張は、小さくても体は感じます。それが「もやもや」と感じることも多いです。
つまり、もやもやの正体とは、あなたが隠し持っている感情やそこからくる筋肉の緊張であることがほとんどなのです。

そのことを意識してあげることが、自分自身を知る手掛かりになります。
少し知るだけでも、なぜか心が落ち着いてきます。
もやもやすることがあれば、やってみて下さい。


ブログ一覧


体の仕組み

ページの先頭に戻る

(C) 1996 健療施術院