夏ばてとは?

更新日:2014.07.01

夏ばての原因とメカニズム

夏ばては、なぜ起こるんでしょうか?
それは、二通りあります。一つは、たくさんの汗をかく環境にいる人、これは、体内にあるミネラル成分が汗で体外に出てしまうために夏ばてになってしまうんです。

尿は尿細管と言うところでミネラル分を再吸収しますが、汗腺を通る汗は再吸収が全部できません。そのため多くのミネラルが放出してしまうからです。汗をなめるとちょっとしょっぱいですよね。これは体内のナトリウムが出ている証拠です。

ナトリウムにはマグネシウムもくっついていて、マグネシウムも一緒に体外へ出て行ってしまいます。しかし、近頃はエアコンなどの普及で、汗をかかない環境にいる人が多いです。すると新陳代謝が遅れ、体も冷えてしまいます。

夏ばて対策

夏は夏用の体になっていますので、冷えに弱く、体にダメージを与えます。冷えが原因で自律神経失調症なる時もあります。特に冷たい飲み物をガブガブ飲まないようにしましょう。汗をかく人はスポーツドリンクなどを二倍に薄めて飲むといいでしょう。

エアコンで体が冷えている人は、汗を出すため運動をして、暖かい飲み物などを定期的に取りましょう。


体の仕組み

ページの先頭に戻る

(C) 1996 健療施術院