まっすぐ立って元気になろう!

更新日:2020.07.31

執 筆:整体師&カウンセラー 鈴木直人


元気になるためにまっすぐ立とう!

本日のテーマは「まっすっぐ立つということが、元気につながる」です。
これを知ることで、無意識に「まっすぐ立とうとする意識」が芽生えてくるでしょう!

元気には重力が必用!?

誰しもが元気に生きていきたいと思っています。
しかし、元気になるには条件があります。


一般的に「健康の維持に欠かせないもの」というと…

  • 運動
  • 栄養
  • 休養

この3つです。


しかし、実はこの3つだけでは健康を維持できません。
もう一つ、とても重要なものがあります。
それは 『重力』です。

宇宙飛行士は、宇宙空間で運動もしています。
バランスのいい食事をしていますので、栄養も問題ありません。
休養もきちんと取っています。

しかし、地球に帰ってきたばかりの時は、あまり健康ではありません。
それは、宇宙空間にいる時に、重力がかからなかったからです。



重力(刺激)をうまく使うと元気なる!

実は、重力がないと脳の機能が低下します。
人間の受精卵も育たないと言われています。
多くの植物も、重力があるので、空に向かって延びるように成長していきます。
重力は、我々の生命の維持に必要な「刺激」なのです。


うつの方は脳の機能が低下しておりますが、脳の活性化に欠かせないのが…

  • 酸素
  • 栄養
  • 刺激

の3つです。



重力がうまく脳に伝わらないとうつになる

酸素と栄養は血液で運びますが、一番の刺激は重力なのです。
そして重力という刺激を受ける時に、まっすぐ立っていることが重要になります。
まっすぐ立たないと、脳の活性化につながる刺激(重力)にならないのです。

すると、脳の一部が働きにくくなってしまいます。
特に「認知」と「記憶」の機能が働きにくくなってしまうのです。
認知症の方は、たいがい姿勢が悪いのです。


うつの症状では、認知機能が低下したり記憶力が低下したりします。
これは、まっすぐ立たないということが原因の一つにもなっています。

まっすぐ立つには土台を作る

「まっすぐ立つ」とは具体的にどのように立てばいいのでしょうか。
それは、足の裏を意識することから始まります。


最初に、左右の足の裏にかかる体重を均等にします。
体重が50キロならば、右に25キロ・左に25キロといった感じです。

次に、足の裏の前後(指の付け根とかかと)にかかる体重を均等にします。

最後に、足の裏の内側と外側にかかる体重を均等にします。

こうすることで、まっすぐ立つ土台が出来上がります。
あとは土台の真ん中に体を乗せるように立ちます。


最初は細かい姿勢は気にしなくてもかまいません。
土台を作り、土台の真ん中に体を乗せることに集中してください。
重力をうまく受け止めている感じになります。

こうすると重力という刺激が脳にまっすぐ入り、脳が活性化しやすくなります。


この状態で深呼吸をして、酸素を脳にいっぱい送り込むと脳の活性化は更に進んできます。
重力をうまく使って、少しでも元気になれることを祈っております。


ブログ一覧


ページの先頭に戻る

(C) 1996 健療施術院