うつ・自律神経失調症の主な症状

知らずにいると、悪化する...。 うつや自律神経失調症の症状を知ろう!

脳・顔面

忘れっぽくなる・イライラする・作業能率が落ちる。やる気がなくなる・一時だけ異常に元気。まぶしく感じる・眼球の動きが悪い。めまい・耳鳴り・眠れない。

呼吸器系

過呼吸・息苦しい・黄色い鼻水や淡が出る

消化器系

食欲低下・消化不良・胸やけ・膨満感。飲み込みづらい・ノドの違和感・ヒステリ―球・口の渇き・口内炎。便秘・下痢

循環器系

心臓のドキドキ感・不整脈・欠滞(脈が飛ぶこと)

筋肉・神経系

治りにくい肩こりや腰痛・手足のしびれ・アゴの痛み・体のしびれ 頭痛・筋肉のけいれん・手足のふるえ

全体

不眠症・2週間以上の疲労感・だるい・吹き出物・ニキビ・肌荒れ・肌の乾燥・高血圧または低血圧・高血糖または低血糖。微熱または低体温・冷え性・体重の増加または低下が著しい


※上記表の症状は便宜上各働きに分けてありますが、本来は体全体で判断するものです。

うつや自律神経失調症、また心身症・適応障害・パニック障害などは、自律神経が乱れることで症状が出てきます。そのため、症状は全身いたるところに出てきます。

うつや自律神経失調症の原因はストレスです。ご自身にどんな種類のストレスがかかっているのかが気になる方は、「ストレスチェック」のページをご覧ください。


ページの先頭に戻る

(C) 1996 健療施術院